スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとうミノタブ

2007年10月から髪が減り始めた。

実は2006年10月ごろから、過去、もしかしたらこれから先を入れても最大の苦難があった。
それは2007年9月まで続いた。人生の大きな転換を迎えたのだ。
そして10月に髪の減少開始。
減りゆく髪を見て、確かに髪が抜けるに値するストレスだったな、と確かに思った。そしてその苦しみを甘んじて受けなければならないとおぼろげながらに思ったものだった…


2007年12月に頭頂部の分け目がはっきり。
2008年2月にもっとも悪化。
2008年3月にフィンペシアを飲み始める。
2008年9月ごろに頭頂部が回復傾向。
2008年11月ごろにもっとも回復。以後大きな減少も増加もなく。
分け目は相変わらずはっきり見えるが仕方ないかな、というレベル。

しかし、前髪の減少が止まらなかった。
頭頂部ほど悪化していなかったので前髪の少なさに目がいっていなかった。
2008年4月ごろ、前髪減少を意識する。
以後、頭頂部は回復傾向だったが
前髪は順調に?減少。
2008年12月、ロゲイン(orカークランド)を投入もむなしく効果なし。
2009年4月23日、前髪のさらなる減少に耐え切れず、ついにミノタブに踏み切る。


私は人前に出る仕事をしている。

私にとって髪の減少は、最終的に自信喪失へとつながっている。
自分の行動が、実に様々なところでマイナスに変化している。
まぁ他にもいろいろなうまくいかないことが多いのだが
結局髪の喪失が大きな原因・遠因となっていることが多いと思う。

…当然、もっと悪化している人から見ればおれの状態は「良い」方なのかもしれない。
結局自分がどう思うか、ということだよね。
気にしない人は気にしないわけだし。
ただ年齢的なことを考えるとね。
もしおれが40…45を過ぎていればおそらく今ほど気にしないかもしれないなぁ…。

現在もっとも効果のあると思われる「フィナ+ミノタブ」

副作用の問題
どの程度効果が出るのか
現実問題、いつまで飲み続けるのか

他にも問題はありそうだが

それらを勘案しても
現在の負の思考を止めるには
もうこの方法しかないと思われる。

未知の世界へ突入である。

まぁ今までも未知の世界を歩いてきたはず…。

どうなることやらね。


にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ←押してください(^_^)


スポンサーサイト

テーマ : 抜け毛・発毛・育毛
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

ブログを興味深く拝見させていただいております。
わたしも同じように悩みはじめ、さっきフィンペシアを注文しました。
質問なのですが、飲み始めて初期脱毛を感じたことはありましたでしょうか?

Kさん

はじめまして。
私も最初に飲んだのはフィンペシアです。
もともと減少傾向の時に飲み始めたので、その後もしばらくは減っていきました。
しかし初期脱毛のような急激な減少はありませんでしたので、
初期脱毛はなかったのかな、という気がします。
飲んで試してみないと分からないですからね。初期脱毛が無いことをお祈りします。
プロフィール

ジャッキイチャン

Author:ジャッキイチャン
40歳にして未だに契約派遣社員。
ストレスは日々増大。
31歳で薄毛のスイッチが入り、
以後、はげの恐怖が常に
つきまとう。
タイプ
→頭頂部・前頭部はげ


★2007年5月
初めて薄毛を意識

★2007年12月27日
初めて頭頂部の写真を撮り
愕然とする

★2008年3月6日
フィンペシア飲み始める
→頭頂部に特に効果
→前頭部の効果は少

→一時期回復、その後
ゆるやかに進行

★2009年3月6日
ミノタブ5mg飲み始める
→頭頂部・前頭部が回復
→それでも6割くらいか。

→若干減少/増加を繰り返すが
全体としては減少傾向

☆2010年1月3日
ミノタブ10mgに増量
→回復するが6割くらいか。


→その後、現在まで少しずつ、
少しずつ減少。
とくに前頭部の減少が顕著。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。