スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄毛で皮膚科に行くか

2007年11月ごろから急激に髪が減り始め、

年末に初めてデジカメで頭頂部を撮り愕然。

こんなに減っていたのか、と。

鏡から見える範囲には限界が当然ある。

頭頂部ハゲは正面からは見えない。

私の場合は頭頂部から始まり、徐々に前頭部に進んでいったと思われる。

だから前頭部に気づいたときはすでに頭頂部はけっこう進んでいたんだろう。

その瞬間、世界の見え方が変わった。大げさな言い方かもしれないが

がんのような大病を告知されたとしたら、あんな風な気持ちになるのではないだろうか。

当時の知識ではリーブ21やアデランスやカツラくらいしか対処法を知らなかった。

すべてネガティブな印象。髪の減少を止められるとは思えなかった。

その一方でこれは一時的なものだ、とも思いたかった。

ストレスで一時的に減っているだけ、また元に戻る!、と。

しかし髪は減っていく。そのままなくなってしまうのでは・・・

と思ってしまう。


仲の良い友達には「おまえやばいよ」「はげちゃってるじゃん」

とまぁはっきりとおっしゃっていただいて。

しかし・・・仕事の関係上たくさんの人と会う。

みな気を遣って誰一人として毛のことは言わない。

でも思っていることは友達と同じ、なんだろうね。

しかし一人だけ仲の良い同僚が相当遠回しに髪のことを言い、

それにおれは気づき、やはりそうだよな、現実に向き合わなければ、と

思ったものだった。


2008年1月に入り、正月から10日くらいでどんどん毛が抜けていった。

毎日鏡を見るたび、写真を撮るたびに減っていく。確かに減っていく。

いても立ってもいられなくなる。ネットで薄毛について調べまくる。

どうやら塗り薬(ロゲイン)とのみ薬(プロペシア)があるらしい、と分かった。

あとは必ず言われる「生活習慣の改善」という言葉。

あとは薄毛も病院(皮膚科)で診てもらう時代なんだとさ。


薄毛に対する知識がたまっていき

反比例して毛が抜けていく。


そして1月中旬のある日、皮膚科に行くことに決めた。

近所の大きめの所に行くことにした。

60歳くらいの初老の医師に診てもらうと

「これはAGAですね。ストレスとかあまり溜めないようにしましょう。

あとは塗り薬(名前は忘れた)処方しておきますから。

まぁ気休めですけどね。」

というような感じで、結局、はっきり

「あなたははげてます」
「もう抜けていくだけです」
「あきらめてください」

とは思っているけど言わないのだ。
それは患者自身が自ら認めることなのだ。

どうにも腑に落ちなく、もう一軒行くことにした。
皮膚科のハシゴである。
しかもはげを診てもらうため……。情けないね。

2件目は「AGA」の治療を看板に掲げている病院。

個人病院っぽく小さいたたずまい。

診察を受けると結局同じような感じ。

「これはAGAですね。」
「まぁそれほどひどくはないですけど」
   (どんなはげと比較して言ってんだ??)
「一応塗り薬を処方しますね。あと飲み薬もありますが
塗り薬で様子診ておきますか?」

なんとなくこの医者、はやく話を切り上げようとしている。
いろいろ質問しても結局言うことが同じ。
あっけに取られて沈黙。向こうも沈黙。

この医者はダメだ。

塗り薬だけ処方させて帰ることにする。


結局、でかい病院でも医者が言うことは

すでにネットで調べて知っていること。

AGA専門の医者ですらたいしたことを言わない。

そしてプロペシアを飲むくらいしか対処法はない、

というような感じだ。



病院はもう行かねーな、と確信。

結局ハゲは直せねーな、とも確信。

あとはネットで書いてあった
「プロペシア」のジェネリックである「フィンペシア」

そして「ロゲイン」「ミノタブ」

これらで回復を望むしかないな、とおぼろげながらに思う。



本格的なハゲとの戦いが今始まった・・・。



2008年1月6日。
頭頂部は薄くなり、前頭部、特に生え際が薄くなり
前髪がすだれ状態になっている。
俯瞰

現在はフィンペシア+ミノタブでまぁ回復しているが
やはりこの左前頭部は十分な回復に至っていない。

俯瞰最近

例によって撮影条件が全く異なるので比較にならないのだが・・・。

なんかあんまり変わっていないか!!??



薄毛との戦いはまだまだ続く・・・

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
スポンサーサイト

テーマ : 抜け毛・発毛・育毛
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャッキイチャン

Author:ジャッキイチャン
40歳にして未だに契約派遣社員。
ストレスは日々増大。
31歳で薄毛のスイッチが入り、
以後、はげの恐怖が常に
つきまとう。
タイプ
→頭頂部・前頭部はげ


★2007年5月
初めて薄毛を意識

★2007年12月27日
初めて頭頂部の写真を撮り
愕然とする

★2008年3月6日
フィンペシア飲み始める
→頭頂部に特に効果
→前頭部の効果は少

→一時期回復、その後
ゆるやかに進行

★2009年3月6日
ミノタブ5mg飲み始める
→頭頂部・前頭部が回復
→それでも6割くらいか。

→若干減少/増加を繰り返すが
全体としては減少傾向

☆2010年1月3日
ミノタブ10mgに増量
→回復するが6割くらいか。


→その後、現在まで少しずつ、
少しずつ減少。
とくに前頭部の減少が顕著。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。